2017年12月28日木曜日

 今年もあっという間に過ぎ、明日から年末年始の休暇を頂戴します。特許事務所の新しいビジネスの在り方を来年は追求していこうと考えており、ちょっと面白いことをやろうと思っています。ところで、本日の日経新聞一面に日立製作所の中西会長のご意見が掲載されており、共感を覚えることがありました。特に、日本の重電各社が進める省エネ火力発電への逆風です。中国や欧州などの世界が脱炭素社会へ舵を大きく切ろうとしている中にあって、日本は、東日本大震災後の日本のエネルギー政策を根本から見直されなけばならない瀬戸際にきているように思います。自然再生エネルギーへの大転換はもう待ったなしの状況ではないでしょうか?日本は調整型社会ですから政策の大転換は難しいでしょうが、もはやそんなことは言ってられないですね。長く続いた江戸時代を終わらせ、明治維新をやり遂げたのですからきっとできるはずです。それから、中西会長の「後追いではなく自ら変化を起こす。社会の進歩を創造する側に回らなければならない。」は今の日本には重い言葉と思います。私が企業で商品開発をしていた頃、ニーズに応える商品ではなくニーズを創造する商品開発を追求してた自分と重なりました。・・・・来年もよろしくお願いします。